タイより その1

タグ:

タイに来て1週間が過ぎました。
暇、いや折角送り出してもらって交流に来ているので何か書こうと思います。
タイGは実は日本からとてもたくさんの人が訪れているので、今更説明は必要ないかと思いますが、現在の様子をお知らせします。
Gメンバーは現在は上田さん夫婦だけで、それに私が交流に来ている状態です。
産業は畑、水田、ニーム、ユーカリ、エビの養殖、エビの加工などです。
社員さんは事務や生活の人も含めて30名ぐらいです。
あとムサシという番犬もいます。
来た時は暑くてどうしようかと思いましたが、今もやっぱり暑いです。どうにもなりません。
とにかくタイどころか海外も始めてだったので、生きてタイにたどり着けるか不安だったのですが、特に問題なくあっさり行けました。
でも、帰りもうまくいくかわかりません。。
タイは車の運転が荒いとは聞いていましたが、空港から実顕地に向かう途中でいきなり2件も事故現場に出会いました。
タイって何て恐ろしい国なんだろうと思いました。
タイは今は雨季ですが、夜中にすごい雨が降ります。特に雷がすごいです。
タイは地震がないので安心していましたが、まさか雷の音で揺れるとは!日本より空が近いのかも。
タイって何ておそろしい国なんだろうと思いました。
夜になると、中途半端なまま引継ぎをしてきた精乳のことが心配になりますが、ぐっすり寝てます。
でも本当は、夜中でもトラックが大音響で音楽流しながら走っているので、かなりうるさくて夜中に何度も目が覚めます。
夜9時には寝て、6時前に起きてるので、途中で起きても痛くもかゆくもないです。
国際免許持って行ったので少しづつ運転してますが、タイの道は半端ないです。
舗装道路でも普通に大きな穴が開いてたりするので油断できません。スリル満点です。
師代さんと一緒にバンコクに行きましたが、バンコクはやっぱり大都会です。
BTSという都市鉄道の中で若者たちは皆アイフォンやってます。
セントレアからバンコクまでの移動の間に聞き取れた英語は機内食の「fish」のみという英語力で、バンコクに一人で行けるか心配です。
私は毎日畑に通っていて、畑の社員さんたちともすっかり打ち解けないまま1週間が過ぎました。
名前だけは覚えてもらってます。なぜかソーダですが。
畑では主に草引きしていますが、毎日ぐったりです。まあ、日本で畑に行ってもきっとぐったりです。
ちょうどエビの収穫が始まったので、社員さんと一緒にやりました。
魚と一緒に飼うやり方なので、網にエビの他に魚や亀やカニやナマズも引っかかります。エビとナマズ以外は池に戻します。
ナマズが逃げ出して、リアル安来節をタイでやることになるとは!
テレビは、上田さんたちと一緒に日本のNHKを見ています。7時からニュースウオッチ9やるので不思議な感じです。
日本で見ていなかった朝ドラも見始め、ようやく内容がわかって面白くなってきました。もう最終週ですが。
日本の天気予報だけは見ていても無意味なような気がします。
なんか暑いし、毎日掃除したりなんかして、研鑽学校のようでもあるし、一言で言えば「長い夏休み」みたいです。
今は、タイで人気の歌手New&Jiewを聴きながらのんびり書いています。
何しにタイに来たのかいまだによく分からないですが、このまま分からなかったりして・・・

タイ実顕地より◆曽田宏治