タイより その2

タグ:

タイに来て2週間が過ぎました。
ここタイ実顕地にもようやく飽き、いや慣れて来ました。
時々恐々ながら運転もしています。
先日は社員さんを家まで迎えに行きました。
ほとんどまっすぐで1回右折するだけなのでとてもわかりやすい道です。
ここでも道間違えました。
しかもUターンした先で、なぜか20頭もの牛に道をふさがれる事態となりました。
牛が畑に移動するまでの20分間なすすべもありませんでした。農業道路なんでどうしようもありません。
また毎週月曜日に配送車に相乗りすることになりました。
フジスーパーという日本人向けの店舗数件を中心に、主に在タイ日本人のところを回ります。
日本人がとても多く、スーパーの中で日本語がとびかっているのは新鮮でした。ヤマギシの野菜も大人気です。
でも配送車の中は寒くて凍えそうです。
タイ人の社員さんは冷房ガンガンにかけるので、正直、日本人には結構きついと思います。
事務の社員さんもそうですし、タイではバスとかBTSとかみんなかなり冷房きいてるのにタイ人は平気みたいです。
北海道と逆の現象ですね。
日本なら冷房は控えめにってやってますが、こちらでは28度設定とか、何それ?って感じです。
先日はバスでバンコクに行って来ました。
バスの乗り降りにはまだ若干の危惧がありますが、BTSは慣れるとこれほど便利なものは無いって感じです。
交通の要所で若者の街、サイアムで降りて、サイアムスクエアの中をたっぷり時間をかけてブラブラしました。
ぶっちゃけ広すぎて迷ってたわけで。
バンコクでは覚えたてのタイ語を使ってみたくて、いろんな人に話しかけました。
しかしながら、まさかここまで通じないとは!
青のペンを買うとき、外側が青でも本当に青色のペンかわからないので、買い物に来ていたおばちゃんに尋ねました。
するとおばちゃんはソソクサと逃げてゆきました。
その後ろ姿は「頭おかしいんじゃないの?」と語っているようにしか思えませんでした。
また今度泊まる予定のイムフュージョンホテルの目の前で、試しに通行人に尋ねました。
「イムフュージョンホテルはどこですか?」
すると彼はまさかの「わからないよ」というジェスチャー。
”ここだよ、ここ!”と叫びたくなるのを抑えて、お礼を言って別れましたが、やはり言葉が伝わってないんでしょうね。
かなりショックで、この日以降タイ語を少し真面目に覚えようという意識だけは変わりました。
今日も畑の社員さんに一つタイ語を教わりました。
小松菜を指差して、「パーサータイ、アライ(タイ語で何ていうの?)」って訊いたら、「KOMATUSNA」と。
今、タイ実顕地にはGメンバー3人だけなのでやっぱり寂しいです。
上田さんたちもなかなか大変みたいで、長期の交流か配置の人がいてくれたらなあ、といつも言っています。
特に私は畑のことはまったく分からないので、何の戦力にもなってませんし。畑違いの分野なんで。
私が言うのもなんですが、誰でも構わないと思います。
タイ語がペラペラとか無茶な条件はつけないので。片言の日本語が話せればOK!。
仏教とミスチルの話に付き合える方は特に大歓迎。
まあ私が勝手に思ってるだけですが。
今日はエビ収穫(写真)で指がズタズタになっているので、入力するのも一苦労です。
というわけで長きに渡る3ヶ月交流も残すところわずか2ヵ月半になりました。
そろそろ投稿する元気もなくなりそうです・・・

精乳部 曽田宏治