夜のいちご狩り&クリスマスカフェ

クリスマスイブにいちご狩りを企画してみたいと、昨年から構想を温めいたのが、「集い」運営メンバーの協力のもと、今年になって本当に川添さんの夢が実現したのです。

 

 

 

ハウスの中も電球をつけてイブの雰囲気。

 

 

 

 

「集い」も照明や飾り付けをしてイブの雰囲気を作りだしておりました。

 

 

 

ハウス横の休憩所に集合し、28名の参加者は川添さんの説明を聞いてからいちご狩りへ。

 

 

 

 

 

 

当初、若いカップルが参加すると想定していたのですが、全員家族連れ

でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

大きいいちごは、甘くて美味しいと皆さん大喜び。

記念写真を撮る人たちも多かった。

 

 

約30分ほどイチゴを食べた後は、集いに移動。

暖かい飲み物かジュース、シュークリームかプリンをチョイス。

 

 

テーブルにはリースとローソク。

 

 

一志実顕地の稲葉さんによるリコーダーで、「コンドルは飛んで行く」の演奏も聴かして貰いました。

 

 

その後はビンゴ大会で盛り上がり。

 

 

なかなか数字が揃わない中でリーチの声が響きます。

 

 

景品は下記のかごの中から先着10名。

この中から自由に選ぶのです。

 

 

最初にビンゴになった女の子は、お菓子やジュースでなく、なんとバターを選びました。迷っていたのでお母さんがバターにしなさいと言ったそうです。

 

はじめての企画で、どんな風になるかわかりませんでしたが、皆さん満足しておられた様です。(長沢)