酔芙蓉の花

精乳所とミートセンターの間に有る駐車場横に、酔芙蓉(すい

ふよう)の木があるのです。

 

麻野幸子さんに教えて貰って初めて気がつきました。

この木の花は、時間とともに色が変化し、夕方には萎む1日花

なのです。

咲き始めの色は白で、萎む頃は紫色になるのです。

八重咲きが多い様ですが、この木は一重です。

 

下記は、午前6時42分の写真です。

まだ純白です。

 

IMG_20160815_153446

 

下記は午後2時1分の写真。

ピンクに色づいてきてます。

 

IMG_20160815_152929

 

下記は、午後4時32分。

だいぶ、色づいてきましたね。

 

IMG_20160815_152652

 

下記は萎む時間の午後6時30分。

紫色に近い、濃い紅色になりました。

 

IMG_20160815_152119

 

色が時間と共に変化すると聞いた時は、信じられませんでした

が、本当だったんです。

興味の有る方は、是非ご覧あれ。

 

そうそう、この名前の由来は、酒を飲むと顔色がだんだん赤み

を帯びるのに似ている事からだそうですよ。

 

誰だ、俺も酔芙蓉に似ていると思っているのは・・・。

(長沢)