4月のふるさとむら 竹の子堀りと豚さん観察

手入れの行き届いた竹林で竹の子堀りをしました。

夕べの雨でにょきにょきと頭を出した竹の子にみんな大喜び。

「これこれ!」といいのを見つける役はお母さん、せっせと掘るのはお父さんとおじいちゃん。

そしておばあちゃんが竹の子を入れた袋を引きずりながら運びます。

竹林の隣の豚舎で生まれたばかりの赤ちゃん豚も見せてもらいました。

これで4度目の常連さん一家と、22年前に楽園村に送ったご両親とご本人の娘さん。もう3人のお母さんでした。

新鮮な空気をたくさん吸ってみなさんお腹もすいたようです。

いそいそと向かった愛和館では輝くような新緑のもみじを見ながら唐揚げとサラダ、デザートにプリンの昼食。

お天気もよく清々しい春の一日、たっぷり楽しんでもらえたでしょうか?

(Masako)