モンゴル実習生の正月

豊里実顕地で技能実習を行っているモンゴルの人達の正月が始

まりました。

今年のモンゴルの正月は、2月9日から3日間でとの事。

 

皆さん、モンゴルの民族衣装を羽織り、帽子も被ってとてもお似合い。

 

下記は、ツァガンサル(正月)の料理 ヘビーンボーブ。

小麦粉を練って揚げたビスケットの様なものですね。

 

下から「幸せ・不幸せ・幸せ・・・」と数えるので奇数段積み上げて、

乳製品や飴、角砂糖などで飾るそうです。

 

正月最後の日に食べるそうですよ。

 

IMG_20160209_111201

下記の右はボーズ。

刻んだ肉を小麦粉の皮で包んで蒸した小龍包のような料理です。

お祝いには欠かせないモンゴル料理の代表。

 

モンゴルでは羊の肉を使うのだそうですが、豊里では豚肉です。

味付けは塩だけで、とてもシンプルな味。

 

IMG_20160209_111806

 

下記の真ん中は、焼き餃子。

 

ボーズを焼いただけの、少し塩味のある餃子ですね。

 

それ以外にも、干しぶどうを入れて甘く炊いたご飯のウゼムテイボダー(モンゴル版お赤飯?)やポテトサラダ。

 

いずれも、とても美味しかったですよ。

IMG_20160209_111205