モンゴルのおしょうがつ

今日のモンゴル三期生の日本語教室でモンゴルのお正月のことを教えてもらいました。

しょうがつは おかあさんは あさはやくおきて ミルクティーをつくります。

おとこのひとは ヒムリンオウォー(ゆうめいなやまのなまえ)にのぼって みんなで はつひのでをみて ホラーイとさけびます。

そしてやまのうえでミルクティーと おさけと おおむぎを かみさまとたいようにおそなえします。

おかあさんは いえで ぼーずをたくさんむします。

こどもたちと たくさんのひとたちは いえにかえって しょうがつのあいさつをします。

おおみそかのまえのよるから おおみそかと がんたんとつぎのひが いちばんだいじです。

しんねん はじめてあうから おたがいのしあわせをねがうあいさつをします。

おじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさん、みんなげんきでながいきしてください、

いろいろなえんぎのいいことばであいさつをして みんなではなしをします。

しょくばのひと、せんせい いろいろなとしうえのひとたちにあいさつにいきます。

とおくからもたくさんのひとがあいさつにいったりきたりして、しんねんの2しゅうかんのあいだつづきます。(Masako)

IMG_0994