焼き芋日和

太陽の家の子・小学生・大学生・おじいちゃん・おかあさんらが焼き芋をしていました。焚き木は太陽の庭の紫陽花を剪定した枝と森の落ち葉を集めておいたもの、その辺にあった端切れだとか。芋はネオポリスから。焼き芋 001焼き芋 006焼き芋 005焼き芋 002焼き芋 003火を熾すところからおじいちゃんと一緒に始めたけど、火が燃え始めると焼き芋を早く食べたいと、灰になるまで待ちきれず芋を放り込んだため、中には半焼けや真っ黒もあったとか。枝を落として明るくなった森に元気な声が響き渡っていました。(eiko)