医療部 ~養鶏法メンバーと共に~

医療部−高木さん

↑介護部でベット移動介助をする養鶏法参加者の高木和広さん

 

養鶏法メンバーを介護部で受け入れしていますが、研鑽会は職場である医療部全体に声をかけ、寄って全員で研鑽会をしています。

医療部は診療、介護、心療の3部門がありますが、これまでは介護部門で受け入れて、介護部門で研鑽会をしていました。

数 か月前、他の部門の人とやりとりすることがあり、その時この人と同じ職場じゃないのかと気づき、驚いた場面がありました。それぞれの部門で対象や、やるこ とが別々なので、同じ職場の一員としての視点が薄かったのでしょうか?介護部を成り立たすことが職場づくりのはじまりと思って、毎日過ごしていたのかもし れないとあらためて思い知らされました。

そのことがきっかけとなり、医療部の職場全体が「もっと近くなるには」と考え合 い、「月1回の職場研を連絡で終わらせないで、もっと中味をやろうよ」「やるには?」となっていきました。形からでもと、食事会をしたりと、動いて行くな かで「職場全体の中の介護部」を意識するようになってきているこの頃です。この流れで今回の養鶏法は、介護部で職場受け入れしても医療部介護の意識があり 研鑽会は職場全体でさせてもらってます。

 

(豊里実顕地 波田順子)

医療部

全員で寄っての研鑽会