約450人で共にくらしています。

一般の家庭と同じように・・

家の中(実顕地の中)では、お金のやりとりが要りません。

 

暮らしの中心は村の食堂「愛和館」と村のお風呂「和楽館」。

ここは、仕事の仲間とつくる「職場」と共に、私たちが大切にしている場所です。

 

HDSC_1480-tile

 

他に正月、成人式、子どもたちの入学のお祝い、お花見、文化祭など節目や四季折々の行事もみんなでつくり、楽しんでいます。

 

H2013集合写真

 

H217-tile

 

毎日の家族の暮らしを支える、食事づくり、洗濯、お風呂の用意、健康管理、家のメンテナンス、家計簿をつける、などの家事や、育児、お年寄りの介護も、みんなで見合ってやっています。
これらを専門に担当する部署を生活職場と呼び、下記のように分けています。

■食生活部(魚菜部門・調理部門・会場部門)

■衣生活部(洗濯部門・お風呂部門・衣装部門)

■住生活部

■医療部(診療所・介護部・医療部)

■太陽の家

■生活庶務部

■果樹菜園部

また、この職場のくくりにとらわれず、補い合って日常の様々なことを運営しています。