豊里実顕地 酪農のあゆみ

1969年 豊里実顕地誕生
1977年 別海実顕地より4頭の乳牛を導入
1978年 実顕地生産物として「ヤマギシ牛乳」が誕生
1978年 ネオポリス開発農場で堆肥を使い始める
1978年 トラクター・ロータリー・鎮圧ローラー導入
1980年 肉牛部発足(肉牛の飼育部門)
1981年 青蓮寺農場始まる。
白石わら倉庫(乳牛)できる
1983年 百町牛舎完成
1985年 和牛を入れて和牛の生産を始める。
1990年 乳牛の成牛1300頭、毎日の催乳900頭
1992年 フリーストール牛舎できる。
乳牛を岡本地区に移転
1994年 受精卵移植による和牛生産本格化
1995年 肉牛4100頭に
2001年 麦ワラ収穫スタート
2002年 稲ワラ収穫を豊里周辺のみに集約
2004年 豊里周辺での自給飼料栽培に力を入れだす
2006年 飼料稲(稲発酵粗飼料)スタート
2009年 飼料麦スタート
麦ワラ1600ロール、稲ワラ5000個、
飼料稲40.5ha、飼料麦7.5ha、
豊里自給飼料15ha

2011年 松阪仔牛共進会でヤマギシの出荷した牛が去勢部門優等賞一席と三席、メス部門優等賞一席と三席を受賞