■豊里実顕地で第1回夏の子ども楽園村開催1977年

 豊里で、初めての夏の子ども楽園村が開催される。
豊里会場の参加者は、36人。全国では、春日山、阿山、別海を含めた4会場で合計200人。
遊びを通して自然と親しむだけでなく、職場での作業やマンツーマン、研鑽会が、初めて織り込まれた。
塾の子ども18人と参加した平井雷太さんはこんな感想も述べている。
今年は、子ども達の活動に本物の作業(子ども用ということでなく、生産に結びついている作業)を取り入れたことが大きな特色の一つとしてあげられるが、私の予想に反して彼らは良く仕事をした。東京で見る彼らからは決して想像がつかないことを、ブツブツ言いながらも結構楽しそうにやる彼らの姿に、私なりに豊里のもつ大きさを感じたのである。(1977年8月号けんさん紙より)

歴史 楽園村 作業4