作付けを増やしてます

愛和館の食卓が豊かになるように、季節季節を象徴する野菜で誰も手がけてないものを作ろうと考えながらやっています。

早春の菜の花、葉ゴボウ(今年は草をコンロール出来なくて収穫出来ませんでしたが)、空豆、等々。
また色々な料理に使える玉葱は、外部から購入しなくて済むように、また他Gにも送れるように、村の一斉作業の機会として使ってもらえるように作っています。

5-玉ねぎ収穫 2013-05-23 15-00-55

毎年の収穫時期に出来具合を見ながら次の作付の計画を建てています。

今年の玉葱は作付け当初、気温が低かったり、早く植えすぎて苗が小さく、どうなるかと思いましたが、気温が低かった分病気の発生もほとんど無く、良くできました。

特に、極早生、早生は玉太りも良く重量的には計画の1.5倍でき、長期保存も難しいし、保存期間内に消化しきれるかどうしようかと思って悩んでいましたが、ある研鑽会で豊里ファームに出したらどうかの声があり、急遽豊里ファームに出すことになりました。

6-玉ねぎ収穫 2013-05-23 15-02-03

出すにあたっては、袋詰めは面倒だし時間がかかると思いましたが、未選果で詰め放題で出したらどうかと。
しかしそれはちょっとなと思いましたが、世間的には豊作なようで市場価格は昨年の半分くらいで、昨年のように業者に出すよりも、豊里ファームの毎日営業の目玉商品になれば良いかなと思いました。
おかげで、保存期間内での消化の目途がたちました。

3-玉ねぎ収穫 2013-05-22 16-27-52

豊里ファームに出す野菜は品目が多く賑やかな方がいいなと思い、まだこれから植えられるもので他の人たちが作っいるものとダブらないものを選んで、作付けを増やしています。

夏の草管理が上手くいくかなと思いながら。

産業事務所 経理喜田仁