草のタネが飛ばないように

地域と隣接しているところが多いので、草のタネが飛ばないように意識して早め早めに刈って行くようにしている。休耕田5枚も管理してるが、それも同じ。

産業事務所素川信雄