その背景など思いを馳せながら味わいたいものである

タグ:

毎日、何げなく食べている食事だが、その真価はたぶん分っていないのだろうと思う。美味しく食べているし満足もしているが、誰かからの或いは何かからの贈り物だとか、おかげで頂けている云った有り難味は感じてるだろうか・・・、甚だ心もとない。

姉が時々母の介護に来てくれる。 で言うには「ここは、世間より良い のを食べてるよ。」 素材のことを言っているらしい。

長 女は、盆・正月年二回律儀に訪ねてくれる。 最近でこそ言わなくなったが、中等部時代に受けた仕打ちを長い間、言い募っていた。 だからヤマギシ嫌いか・・と云うとそうで もないらしい。 来訪時に外食を誘っても、「ここに来てんのに、何で外で食べるん?ここみたいな美味しい野菜、スーパーで買えへんよ!」と言う。さて、当たり前のように食 べている愛和館の食事、ゆっくりとじっくりとその背景など思いを馳せながら味わいたいものである。

肉牛部石川雄三