一番の読者です

文化展フミサン 003

文化展が新しい展示に替わりました。

いつも、一番に来て熱心に読んでくれるのが、フミさん95歳です。

手押しの車を押して来たかと思うと、杖を外しその車を方向転換させ、荷台に座って、じっくりと隅から隅まで読んでくれます。

新聞もメガネなしで読むそうです。

「用事ないさかい、楽しみに読ませてもらてっる。いつもよう、書いてくれはるな~楽園村楽しかったなー」と話してくれました。