真夏のいちごハウス その2

この時期は、晴れると45度にもなるハウスで、ひたすらいちごの苗づくりをしているそうです。

 

cats

 

第四水耕ハウスを美穂さんが、この緑地公園ハウスを佳子さんと洋子さん、いちご全体を大森さんがみています。

この4人で週に何度も寄って、進行状況の打ち合わせや、苗の状態を出し合い、初めに立てた計画も、暑さで苗が弱っているなど、実際の苗の状態をよく見て、それに合わせてその都度変えて対応していっています。

研鑽学校の作業受け入れや、9月には豊里中学校の職場体験も受け入れます。

他の職場の人にも一役やってもらったり、以前と比べて繋がりと拡がりを感じるとのこと。

このハウス用の苗は20000本。

第四水耕ハウスの「紅ほっぺ」5000本もここでつくります。

新しく作るハウス用にも15000本ここで用意します。

 

Acats