梨畑の様子No.1

タグ:

全国の供給所から会員さんへお届けしている梨は、豊里実顕地からと知っている人は案外少ないのです。

 

大安実顕地で梨の栽培を止めてからは、豊里実顕地だけが出荷しています。

 

更に、梨畑が井山地区にあることも知らない人が多いのです。井山って言っても何処・・・?。って聞かれます。

 

以前、梨狩りをした所ですよって言うと、あ~、あそこね、となります。

残念ながら今は村人の梨狩りは行っておりませんけど。

 

井山では、豊水(ほうすい)と愛甘水(あいかんすい)の2種類を栽培しています。

 

愛甘水は早生種でお盆の頃が収穫時期なので、お盆のお供え用の果物として、果物が少ない時期なのでとても重宝されています。

 

しかしながら、私の栽培技術が未熟な為、昨年は僅か1200玉しか出荷出来ない、まさにまぼろしの梨なんです。

 

下記写真は、6月20日の愛甘水の実です。

既にピンポン玉位の大きさになっている実が多くなってきました。

 

 

もうまもなく、袋掛けが始まります。

虫から守るのと傷がつかない様にですけど、結構時間がかかります。

袋掛けのお手伝いさん、募集してま~す。