実顕地参観を満喫

百聞は一見に如かず
3月22日~23日広島供給所メンバー全員が揃い、豊里実顕地参観を満喫しました。

そこには、人を温かく迎い入れてくれる、無償の空気が充満していました。

肉牛職場交流をはじめ、飼料センター、養豚、蔬菜出荷、ネオポリスの参観、朝市、イチゴ狩りなどを楽しみました。

去年の活用者の集いをやろうというところからのきっかけで、今の実顕地に触れて、生産職場の人たちと交流することで、自分たちが活用者に伝えたいこと、やりたいことが何か、はっきり考えられたらいいなと思って、やっとみんな揃って行くことができました。

折しも、いままでの土曜市の最後の日という機会にも恵まれ、十分楽しむことができました。

 

それぞれの感想より!

村はやっぱりいいなぁ、とても懐かしく、ふるさとにに帰ったような気分で、盛りだくさんではあったけど、とてもゆったりできた。

 

飼料センターでの中江君の熱く語ってくれることに、伝わってくるものがあったし、おからをなんとかしようと始った発酵飼料について、今後もとても楽しみに思えました。

 

肉牛の作業をいっしょにやらせてもらったことが、とても楽しかったし、癒された。 もっと村でやっている人の話も聞きたいし、食べている人にもっと発信できるようにしたい。

 

交流の場を設けてもらって、時間が足りないくらいで、みんな活発に聞いたりして、もっと、こういう機会を持ちたいと思った。

 

実顕地の空気に触れ、作業を通して人と触れて感じてもらえる豊かな世界がここにあると実感したように思え、一人でも多く実験地参観に来てもらえるようにしたいと強く思った。

 

CIMG0319
CIMG0316

CIMG0293