豊里いちご狩り農園

寒い冬を乗り越え、ハウス中にいちごの甘いかおりが漂う季節を迎えました。

今年は例年以上に団体予約をいただき平日休日ともに賑わっています。
個人のお客様も年々増え、昨年から若いカップルや女子会組が多くなりました。
土日休日は当日予約の電話が鳴り止まないほどです。

ハウスの中は、赤いいちごの実とこれから色づくうす緑の身が鈴なり、咲きほころんだ白い花の間を、ミツバチが飛び交いせっせと受粉をしています。

お客様をハウスへご案内すると、

「うわあ すごおい!!」
と歓声があがります。

制限時間を気にするお客様がほとんどですが、どのお客様にもゆったりといちご狩りを堪能していただきたいので、いちごの採りかた案内と、ミツバチについて、

「次の実をつけるための大切な作業をしている当園の大切な社員です。」と伝え、
「沢山食べてくださいね。ごゆっくりどうぞ。」
と言葉を添えます。

「おいしかった!」
の声をいただくとほんとうに嬉しいです。

春の日差しとともに、いちごの味も日に日に美味しくなっています。

予約の多い日でも、おことわり無しをめざして受付させていただいています。
みなさまのご来園を心よりお待ちしています。