香港からのお客さん【タン シャーマンさん】

笑顔の素敵な女性がたった一人で、香港から実顕地の参観に見えました。

彼女は香港を拠点に、中国雲南省でコミニュティ開発をするNGOのコーディネーターで、この20年経済が急速に発展したことによる、貧富の差に手が加えられないかと考え、貧しい人が自立していくサポートをしているそうです。

台湾の雑誌でヤマギシの事を知り、インターネットで調べ、友人を経由しての来訪となりました。

着いた日の夜は仲良し研に一緒に出て、自己紹介しあい、実年齢とのギャップその若さに驚いた。村人の話に「豚の世話したい」「畑に行きたい」と何にでも積極的に反応していました。

どこを見ても何を見ても興味深々の質問攻めで、先に進まず、午前中の参観は村人ロビーと販売所で終わりました。

形よりも仕組みややっている人に興味があるようで、みんな幸せを願うが「自分たちがやっている元は何か」「モチベーションはどうやって保つのか」と尋ねてきて、自分の姿勢を問われ、たじたじになりました。

次々と深い質問になり、雅子さんも「そこから先は特講だね。難しい。言葉にできない」と何度も首をかしげながら答えていました。今後の繋がり、広がりの予感がする人です。

土曜日の午後春日山に行き、その後他所へ行く予定ですが、彼女は「ここにずっと居て、もっと心の話がしたい」と、メモと中国語、英語で話しています。