今夜は手づくりパンの日

高等部生の手作りパン

階段を登り始めるともう、パンの焼ける香ばしい匂いがしてきた。

高等部女子部が実学でパン作りを始めて5回目。

去年9月から豊里の食卓には月1回手づくりパンがメニューにあがり、みんな楽しみにしている。

町のパン屋さんをはるかに超える100キロの小麦粉がパンになる。発注する子、計量する子、天然酵母を育てる子、機械で生地をこねる子、 計量と丸め、成形、焼き夫々が自分の担当をやりながら、その時の気温や条件にあわせていかに動くかが問われる。

伝えるリッタさんは
「パンは生き物だから、状況が変る中で、自分の担当と全体の動きを見ながら動けるように、横の繋がりや次が見えてきたかな」
と話す。

黙々と作業を進めながらも「あー、早く食べたい」との声も聞こえてくる。
今回が最後のパン焼きになる長谷美奈さんは「自分は焼きを担当しているけど、オーブンをどう使うか、廻すかその都度考えていくのが面白い」と動いていた。

今回はライ麦パン、食パン、四つ網パン、豆乳パン、テシーナ、フランスパン、バケット、双子パンの8種類、400個のパンを焼き上げる。まっててねー。

a69ba824907e0b04a6d230abf9be23e1