花いっぱいにな~れ

実顕地はあちこちにいつも季節の花が咲いている。今はどの花壇も秋・冬に向けて植え替えの時期で、色んな人が花苗を植えている。職場や家の周り、どこを歩いてもあたり前のように花が咲いていて、ほっとする。舛屋さんによると、2013-11-05 ブログ用御所の・ニャマ1年間3万本の苗を出しているそうで、豊里はもちろん、高野尾小学校に美里の水沢小学校、北条実顕地まで届いています。秋冬用の苗はパンジーだけでも10種類、ビオラやハボタン、アリッサムなど70種類から80種類が1万5千本、引き取られて行きました。誰がやっても、きれいに、冬でも咲いて長期間咲く花だそうです。ブログ花 004

「8年ぐらい前から村を花いっぱいにしたいと始めた。たかが花なれど、人の心まで変える花。苗作りがメインでついでに庭造りをしています」と話していました。

馥郁園のミニ富良野と呼んでいる花壇のパンジーは800本、一日では植え切れなかったそうです。みんなで見に行きましょうね。(eiko)