飼料稲の収穫が始まった

6月から始まった牛の粗飼料となる麦わら、稲わらの収穫に続き、今週からは飼料稲の収穫が始まった。

飼料稲は人間の食べる米ではなく、畜産用に育てた稲で、ラッピングをして保存する間に乳酸菌発酵をします。飼料稲の餌配が近付くと牛が走って寄って来る位嗜好性の高いエサになります。

飼料稲の品種改良もすすみ、丈が伸びて来たため今期から大型の収穫期が導入された。全国で69台目、三重県では初ではないかとの話です。

飼料稲の切断が細かくなった分、今迄のように乳酸菌を吹き付ける作業が飼料稲刈 013 飼料稲刈 016 飼料稲刈 020 飼料稲刈 031 飼料稲刈 038 飼料稲刈 046 飼料稲刈 048 飼料稲刈 051 飼料稲刈 051-001 飼料稲刈 052 飼料稲刈 054 飼料稲刈 056 飼料稲刈 057 飼料稲刈 060 飼料稲刈 065 飼料稲刈 066 飼料稲刈 067 飼料稲刈 072 飼料稲刈 074 飼料稲刈 077 飼料稲刈 081 飼料稲刈 086なくても密封すると乳酸発酵が進むようです。

作業時の機体寸法(mm)は全長×全幅×全高は、5160×1830×3240で本体の機体質量(kg)は4610。モニタカメラも装備されていて、運転席のモニターで左後方と真後ろの確認ができます。