養豚部と建設部で

「新しい分娩豚舎を描く」という事で、養豚部研に建設部のメンバーも参加させてもらって、一緒に描く機会を持った。

楽園村・豚 031

これまで豚舎を建て替えるという場合、養豚部の経営係が
養豚部の意見をまとめてから、建設部の設計担当と打ち合わせしてやってきたが、今回は、スタートの段階から、沢山の人が参加して考え始めた。中楽・豚 025

養豚部も建設部も日常の業務は分業されているので、効率的に新しい分娩舎を設計するとしたら、少人数で描いた方がいいようにも思う。しかし、トコトン出し合って、最善のものになっているかどうか、みんなのものになっているかどうか、これで良かったんだろうか、というのも残る。
なぜ建て替えるのか、人の仕事の効率化、豚の暮らし、母豚の気持ち、夏の暑さ、冬の寒さや風、今の豚舎のいいところ、悪いところ、天井の高さなどなど、飼育の日常から出てくる色々な要素について、ドンドン出てきた。

楽園村・豚 026

そして、新しい仕組みを作るとしたら、
先ず試験的に1ユニットやってみて、それから建設してはどうか、という流れになった。
研鑽して、研鑽して、研鑽して、その後に建設される豚舎がどんなものになるか。みんなでつくって行けたらと思います。gotou